老化(ボケ)と認知症の違い

見分けにくい認知症と老化(ボケ)の違いと原因

認知症のことを知っておこう!

 

認知症は誰にでも関係する病気です。

 

自分はもちろん、大切な人や家族がなってしまう可能性は十分にあります。

 

認知症は本人だけでなくまわりの人にも多くの負担をかけます。
介護の苦しみは、多くの人の人生を狂わせてしまうことがあります

 

認知症に対する理解と事前に準備することで、負担を減らすこともできます。

 

自分や他の誰かが認知症なってしまう前に認知症のことをよく知って備えておきましょう

 

その備えが、楽しい老後(enjoy senior life)につながります。

 

ボケの原因

 

誰でも年をとれば、脳の働きはだんだん低下していきます。どこかの機能が悪くなるわけではなく、全体の性能が落ちると考えてください。

 

いちばん目立つのは物忘れです。いわゆる「ボケ」といわれる現象です。

 

程度の差はありますが、年をとれば誰でも経験する加齢現象です。

 

ボケ=加齢現象(年齢による衰え)

 

趣味を楽しんだり、運動をしたり、簡単なトレーニングをすることで症状を良くすることも可能です。

 

高齢化社会と認知症問題

 

高齢化社会を迎えている日本で大きな問題となっているのが「認知症」です。

 

TVや新聞などで耳にすることも多くなりました。

 

70歳では30人に1人、80歳では7人に1人、85歳以上では4人に1人が
認知症であると言われています。

 

今後はさらに増えていくことが予想されています。

 

 

老化による「ボケ」と認知症の違い

 

認知症は、最初のころは「ボケ」と似たような症状となります。しかし、ボケと認知症は全く違うものです。

 

認知症は、昔は「痴呆(ちほう)」と呼ばれていました。

 

厚生労働省の働きかけにより2004年~2007年までの間に「認知症」への言い換えが行われました。

 

認知症は「知能」、「記憶」、「見当識」などの認知機能の異常や人格が変わるなどの症状のことです。

 

認知機能が日常生活ができなくなるほど低下した状態を「認知症」といいます。

 

ボケのように加齢(老化)による機能の低下ではなく、何らかの脳の病気によって認知機能の低下が起こります。

 

認知機能

知能 : ものを考えたり、判断する力
記憶 : ものを覚えておく力(やり方などの手続き記憶も含む)
見当識 : 現在の時間や自分が誰で、どこにいるかなどの状況を把握する力

 

認知症=脳の病気

 

軽度のものから重度のものまでさまざまですが、ゆっくり確実に進行していきます。

 

病気ですので適切な治療で、進行を遅くしたり改善することが可能です。

 

認知症について詳しく読んでみる

エンジョイシニアライフが選ぶ認知症予防サプリメント
プラズマローゲンEX
プラズマローゲンEX
脳の中で情報伝達や細胞の活性化に関わっているのがプラズマローゲンです。プラズマローゲンは、加齢によって失われやすく、少なくなりすぎると認知症の引き金となります。 実際アルツハイマー病では脳の中のプラズマローゲンが著しく少ないという研究結果もでています。 プラズマローゲンEXは、不足してしまったプラズマローゲンを効率よくとることのできるサプリメントです。 kousiki